「手掌多汗症」の手汗がひどい原因について

手汗

手掌多汗症は、手のひらに異常なほど大量の汗をかく病気です。
ストレスを感じた時に特に大量の汗をかきます。
症状がひどい方は、ストレスなどと無関係に常に汗をかきます。

 

手掌多汗症は男女を問わず発生しますが、
幼少時期や思春期に発症するケースが多いようです。

 

手汗

>>手汗でお困りの方はこちらのアイテムが役に立ちます<<

手汗の悩み
  • 手から汗がしたたるように出る
  • 教科書やノートが濡れてしまう
  • 汗で滑って物がつかみづらい
  • スマートフォンや携帯電話などの電化製品に汗がついて壊れる
  • ハンドルがすべって運転が危険
  • パソコンのキーボードやマウスがべたべたに濡れる

手汗は、日常生活に多くの支障をもたらします。

手汗が多い原因

手汗がひどい原因は、まだ明確には解明されていません。
手のひらの汗はエクリン腺という汗腺から出ており、なんらかの理由で交感神経が異常に敏感になります。
エクリン腺が常に刺激を受けている状態が続くと手汗が止まらなくなり起こるといわれています。

 

緊張した際に発汗を促す交感神経が敏感すぎるために汗を多くかくのが手汗がひどい原因です。
しかし、なぜ手の交感神経が敏感になっているのかは分かってはいません。

 

このようにはっきりとした原因は分かってはいません。
遺伝により、ストレスがかかった時に手汗の原因の交感神経の興奮が起きやすくなるといった調査もあります。
手汗を大量にかくといった人は、家族や親戚に同じ症状の方がいる場合が多いのです。

 

症状がたいへん重いと、日常生活に支障が出ると困ります。
病院で心身療法や薬物療法での治療や内視鏡手術を行うことが可能なので検討してみてはいかがでしょうか。

 

手汗レベル別の手汗を止める方法について

手汗

暑い時や緊張した時に手汗を掻くことは誰にでも出ることですが、
もしそれが日常生活に支障を来たすほどのものなら、
手汗を止める方法を調べて実行する必要があります。

 

しかし、手汗の掻き方にもレベルがあるため、
止める方法もレベル別に知る必要があるのです。

 

まず1〜3のレベルに分けられます。

  • レベル1は、手に湿り気があって触って汗だと確認できる程度です。
  • レベル2は、手のひらに水滴が出来るので、見た目からも汗を掻いてるのが解ります。
  • レベル3は、汗が垂れてくるほど手のひらに汗を掻いていて水滴が多い状態です。

レベル1の場合は、ベビーパウダーや手汗専用パウダーなどをこまめに塗って皮脂を抑えることです。
レベル2やレベル3は多汗症の可能性があります。
レベル3になると重要書類を駄目にしたりなど生活に支障が出るレベルです。

 

手汗レベルにみる対応方法

手汗レベル2のケース

レベル2の場合は、手汗を抑制する作用のあるミョウバン水や塩化アルミニウム水溶液が有効です。
塩化アルミニウム水溶液は市販されている液体制汗剤もありますし、皮膚科や神経内科などで処方される制汗剤もあります。

 

手汗レベル3のケース

レベル3の場合は、生まれつき汗の出口のエクリン汗腺が発達している人もいるので、
病院での治療を優先させるべきです。

 

それは、ボトックス注射や、ETS手術などです。
ETS手術とは内視鏡を使った手術で、背骨近くの交感神経を切除して半永久的に汗を止めるというものです。

 

このように、レベル別に手汗を止める方法が存在するので、まずは自分がどのレベルなのかを知ることが重要です。

食べ物で手汗を止める方法について

手汗止める方法,手掌多汗症

手汗を食べ物で止める方法のポイントは、大豆をたくさん食べることです。

 

手汗のように体の一部分にたくさんの汗をかいてしまう人は、
ホルモンバランスが乱れていたりストレスが溜まっていたりします。

 

大豆に含まれるイソフラボンは、これらを改善する効果があるので
手汗を止める方法として有効です。

 

大豆は加工品を含めるとたくさん種類がありますが、スーパーのどこにでも売っており価格も安いので手軽に予防できます。
冷奴や湯豆腐など調理に手間がかからないメニューも豊富です。

 

肉よりも野菜を多く食べましょう!

肉は体温を上げる作用があるため、発汗が促進されて手汗がひどくなります。
野菜には多くの水分が含まれており、食べることで体温が下がります。
また利尿作用があるカリウムが豊富なので、排尿することでも上がりすぎた体温は低下します。

 

特に茄子やトマト、スイカなどの夏野菜は体を冷やすとされます。
反対に人参やゴボウといった根菜類は冬に食べられることが多く体を温める作用があるため無理に食べる必要はありません。

 

ただしこれらの野菜をたくさん食べることで満腹感を得られれば、肉の食べ過ぎを防ぐことができます。
唐辛子のように辛い食べ物はできるだけ食べないようにします。

 

スパイシーな料理には交感神経を刺激してたくさん汗をかかせる作用があります。
手汗に悩んでいる人はカレーやキムチなど香辛料を多く使った食べ物との相性が悪いです。

 

タイ料理にも多くの唐辛子が使われています。

手汗

>>手汗でお困りの方はこちらのアイテムが役に立ちます<<

ツボ押しで解決!手汗を止める方法とは

手汗止める方法,手掌多汗症

汗っかきではないのになぜか手に汗をよくかいてしまう。
握手をするとき緊張して手の汗が止まらない。
恋人と手をつなぎたいけど汗が気になる。

 

そんな経験ないでしょうか!
手汗がひどい時は、ストレスや緊張、不安を感じている状態であることが多いです。

 

このような状態のときはリラックスすることが大切で、コーヒーや紅茶を飲んで一息ついたり、
ハーブの香りをかぐなどして、リラックスできるような時間を作ることが効果的です。

 

他にも、辛い、熱いなどの刺激のある食べ物を食べることで汗腺を刺激したり、
運動不足によって汗腺が衰えてしまい、機能している汗腺への負担が大きくなることで汗のコントロールが上手くできなくなったり、
肥満による多汗も手汗の原因です。

 

ツボを押して手汗を止める方法

合谷(ごうこく)

手汗をすぐに止める方法として、ツボ押しがあります。
まず、人差し指と親指の付け根の骨の間にある合谷(ごうこく)を親指でゆっくり押すことによって、
身体の代謝を正常に戻してくれます。
合谷(ごうこく)は痛みを和らげたり、視力を回復したりなど万能のツボと呼ばれています。

 

後谿(こうけい)

手の小指側に少し飛び出ている骨の部分に後谿(こうけい)というツボがあります。
後谿(こうけい)を押すことで体内の熱を下げてくれます。

 

身柱(しんちゅう)

首の付け根にある骨の出っ張りから下へ背骨の突起を数えて3つ目の突起にある身柱(しんちゅう)は、
自律神経を整える効果があります。

 

復溜(ふくゆ)

足の内側くるぶしから指3本分下にある復溜(ふくゆ)は、
体内の水分をコントロールして発汗を抑える効果があります。

 

ツボ押しまとめ

ツボ押しで手汗を止める方法は、手軽にいつでも行えます。
いざという時のために押さえておくと、それだけで不安が軽減されるかもしれないですね。

 

手汗

>>手汗でお困りの方はこちらのアイテムが役に立ちます<<

手汗を止める方法として効果のあるクリームを使う!

手汗止める方法,手掌多汗症

なかなか手汗がおさまらなくて困ったという経験は、恐らく多くの人にあるものです。
手汗がおさまらなくなってしまう原因には幾つかのことが考えられます。

 

手汗が収まらない原因

例えば、不安緊張といった精神的なものから、生活習慣の乱れ、
さらには多汗症という病気が関係している場合もあります。

 

いずれにしても効果的に手汗を止める方法を見つけたいものです。
ひどい手汗を止める方法として本当に効果のあるものとは何でしょうか!

 

ひどい手汗を止める方法

手のひらにボトックス注射することによって汗の原因から抑える手術を行うことや、
また専門医によるカウンセリングなどを受けて精神療法を受け入れることなど、幾つかの方法があります。

 

しかし、もっと簡単でなおかつ手軽に行なえるものがあります。
それがハンドクリームの塗布です。

 

ハンドクリームタイプの制汗剤効果

市販されているものの中には、ハンドクリームタイプの制汗剤があり、これを利用することができます。
基本的に、手のひらにかく汗はエクリン腺と呼ばれる汗腺から分泌されます。
制汗剤の中には、このエクリン腺に作用して発汗を抑える働きを持つものがあります。

 

通常、乾燥を防ぐために塗布する商品の場合、塗布した後のべたべたした感じが苦手な人もいることでしょう。
しかしこれらハンドクリームタイプの制汗剤の場合は、べたつきがなくさらっとした塗り心地が特徴であると言われています。
気になる手汗を止める方法として、是非とも効果のある制汗剤を使ってみましょう。

 

手汗

>>手汗でお困りの方はこちらのアイテムが役に立ちます<<

手汗を止める方法とクリームの選び方について

手汗止める方法,手掌多汗症

手のひらに汗をよくかく人は、
使っているスマートフォンや携帯電話に汗が付いて壊れてしまったり、
教科書やノートが汗でびっしょり濡れたり、
車のハンドルがすべって非常に危険な状態になったりすることがあります。

 

ストレスがかかるとさらに手汗がひどくなる場合がありますが、
なにもしなくても常に手のひらに汗をかいている方もいます。
そうなると日常生活にさまざまな支障が生じて非常に厄介です。

 

手のひらに大量の汗をかく原因はまだはっきりとは解明されていませんが、
ストレスが原因で自律神経の一つである交感神経が過敏に活発に働くようになり
大量の手汗をかくことが多いようです。

 

遺伝的な要因もあるようで、手汗を大量にかく人は家族や親せきにも同じ症状を起こす人がいる場合が多く見られます。

 

ひどい手汗の原因と対策

手汗を止める方法は、自律神経を自分でコントロールするのは困難ですが、
できるだけストレスがかからない、または発散する生活をおくるように努めることが大切です。

 

ストレスを感じるような場所を避けたり、焦らなくても良いように前もって十分に準備をするなどしましょう。

 

手汗を抑えるクリームの選び方

手汗を止める方法としては制汗剤を使うのも一つの方法です。
クリームを塗るだけで今すぐ汗を止めることができるので、非常に手軽です。

 

選び方としては、殺菌効果や消臭効果よりとにかく制汗効果を重視したものを選んでください。
肌に直接付けるものなので、肌への刺激が少ないものがおすすめです。
ネットなどで口コミをチェックして評判の良いクリームを選ぶと良いでしょう。

 

手汗

>>手汗でお困りの方はこちらのアイテムが役に立ちます<<

「手掌多汗症・手汗を止める方法」関連情報

多汗症

『多汗症を治す方法|手掌多汗症でお悩みでしたら治す方法はあります。』
多汗症は汗が異常に出てしまう症状ですが、国民の7人に1人が多汗症で悩んでいるとも言われています。
多汗症はしばしば「汗かき」と思われますが、多汗症と汗かきは全く異なるものです。多汗症と言っても、病気が原因で起きる続発性多汗症と、体質的に起きる原発性多汗症があります。そして、汗を局部的にか限局性多汗症と全身に汗をかく全身多汗症とがあり、その症状は多岐に渡っています。そんな多汗症の原因と治す方法を解説しています。

 

顔汗

『顔汗を止める方法|顔汗の原因と正しい対応方法を詳しく解説!』
周りは普通なのに私だけ顔汗が出て恥ずかしい思いをしたことは無いですか?
顔汗がひどいとメイクがすぐに崩れたり、常にハンカチが手放せないなど大変なことばかりです。
顔汗をすぐに止めたくても、焦れば焦るほど汗がしたたって困る!このような経験は誰にでもあります。
そんな顔汗を止める方法を紹介していますので参考にして下さい♪

 

足汗

『足汗を止める方法を徹底調査!足汗の原因と対策』
足汗をかきやすい方は、靴を履いて長時間過ごしていると、足が蒸れやすく、足の臭いなども気になってしまいます。
足汗をかいたら、できるだけ雑菌が繁殖しないように、できるだけ早めの対処をして対策をすることが大切です。
足汗を止める方法としては、制汗剤の使用が最も効果的です。そのほか、日々の生活で対策できる方法も紹介しています。靴やストッキングを脱いだときに嫌な臭いが残らないように対策しましょう!

 

デリケートゾーン

『デリケートゾーンの臭いケアの方法|原因と対策を徹底調査』
女性にとってデリケートゾーンの臭いは他人に相談することを恥ずかしいと感じる人がほとんどです。
あまり表立って話題にされることは少ないのですが、悩んでいるという女性は実はかなり多いと言えます。
デリケートゾーン臭いが気になった場合には、そのことでクヨクヨと悩むのだけではなく、きちんとした知識を身に付けて適切なケアを行うことが肝心です。

 

あそこ臭い

『あそこ臭い対策するには|あそこの臭い・黒ずみを本気で対策する!』
デリケートゾーン・いわゆるあそこが臭いことに密かに悩んでいる人も多いのではないでしょうか?
生理中や汗をかいたときなどムレやすい時は人に気づかれたらどうしようと心配になることもあるでしょう。
また、デリケートゾーンでいえば黒ずみが気になる方もいるでしょう。あそこ臭い対策や黒ずみ対策には、どのような方法があるのか、ぜひ参考にしてみてください☆

 

あそこ臭い

『すそわきがの原因と対策|本気ですそわきがを対策する方法とは』
女性にとって、生理中や性行為の際のデリケートゾーンの臭いは気になるもの。しかし何もしていないときにまで臭いが気になるようになったら要注意です。もしかしたらそれはすそわきがかもしれません。すそわきがとは陰部からわきがの臭いがすることです。すそわきがの原因は何なのでしょうか? どのように対策したら良いのでしょうか?気になるすそわきがの原因と対策について解説します。

 

チチガ

『チチガの原因と対策|本気でチチガを対策するための方法とは』
ワキガの原因となる汗腺はワキの下だけでなく乳首周辺や性器周辺にも分布しています。
中でも乳首周辺の臭いが気になる場合はチチガの可能性が高いです。
チチガの原因とは何でしょうか?またチチガはどのように対策すればよいのでしょうか?気になるチチガの原因や対策などについて解説します。

 

ニキビケア

『あなたに最適なニキビケア方法|ニキビの原因から対策を徹底解説』
ニキビケアは自分の症状に合った方法で試す必要があります。大人ニキビ・思春期ニキビ・鼻・頬・背中ニキビなどニキビの発生原因により最適な対策方法も異なってきます。あなたができやすいニキビはどれに当てはまりますか?どうして何度も同じニキビができてしまうのか、その原因が分からず間違ったケアをしているかも知れません。症状別のニキビケアを解説していますので参考にしてください!